アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

Candle JUNE「ヒカリとヤミ」と acidman「The Light」

キャンドルの光が美しい企画展「ヒカリとヤミ」に行ってきました。
Candle JUNEというキャンドル作家さんが参加している「DEBLI Project」は『再利用=Re:cycleを越えた、再創造=Re:create』がコンセプトのクリエイティブ・プロジェクト集団で、「ヒカリとヤミ」展はそのコンセプトで空間演出したもの。
以前からCandle JUNEさんの野外イベントなどに行っている友達が誘ってくれて、前にもその友達にCandle JUNEさんのお店にも連れて行ってもらったこともあって、独特の色使いと質感が好きで、生で空間演出を観てみたいと思っていたので、今回の企画展は絶対行かなくてはと思って…。

室内だから実際の火は使えないので、キャンドルの中に電気を入れての明かりでしたが、これがほんとに綺麗で、いや、綺麗って言うより別の言葉が合いそうな気もするんですが、とにかく魅了されました。流木や自然素材の紐や布を使って作った動物の巨大なオブジェがあって、その周りをキノコとか苔とか何か意思を持って生きている植物のようなキャンドルが囲っていました。キャンドルと木の動物が絡み合う中にテレビがあって、そこでは高速道路をゆらゆら走るモノクロの映像が流れていて、音楽も幻想的でそのバランスが素晴らしかったです!それほど広くない空間だったけど、私はすごく気に入ってずっとこの空間に居たいって思いました。閉まる15分前に入ったから残念ながらすぐ出なければならなかったけど、そんな時間だからもう人がいなかったのは良かったです。今このブログを書き込みながら、感動は文章にするとどうしても薄れてしまうもどかしさを感じています。今週の木曜まで、新宿のコニカミノルタプラザギャラリーで開催しています。

Candle JUNEさんの活動は幅広くて、アシッドマンのPVでも空間演出をやっているものがあります。アシッドマンはインストの曲にも映像にも力を入れていて、毎回アルバムを出すたびに、シングルのPVとインストの曲に映像をつけた作品のDVDを出しています。
一番新しいアルバムのDVD「Scene of Life」に収録されている「The Light 〜赤色群像・ベガの呼応・EVERGREEN〜」という作品で、インストの3曲がつながっているショートフィルムです。キャンドルがたくさん置かれた空間でひたすらメンバーが演奏しているだけのシンプルな映像ですが、曲にイメージでキャンドルの色や照明が変わったり、「ベガの呼応」では、大平貴之さんのプラネタリウムの光を使っていて、光と色にこだわった面白い映像です。監督はギターボーカルの大木伸夫氏本人!
「ヒカリとヤミ」展に行った日にこの映像をもう一度観てみたら、前よりも身近に感じられて感動。Candle JUNEさんの活動のコンセプトと、アシッドマンの音楽のメッセージがリンクしている点にも気づけてもっと好きになりました。

映像だけじゃなくて、今度は一緒に野外イベントとかやってほしいなーと妄想。またお店にキャンドル買いに行きたいです。

b0112607_10335869.jpg
b0112607_10352382.jpg

[PR]
by pop-cult | 2008-12-15 10:48 | アート・おもちゃ etc.