アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

80歳のアリス「ドリームチャイルド」

『1932年、「不思議の国のアリス」のモデルとなったアリス・ハーグリイブスは80歳。彼女はルイス・キャロルの生誕100年祭の式典に招かれて、初めてニューヨークを訪れる。そこでの新聞記者たちは「生きた本物のアリス」の登場に大騒ぎだった。長い間、ドジソン(キャロルの本名)のことを忘れようとしてたアリスは、そんなアメリカ人の強烈な歓迎に戸惑う。なぜならその中年の男が、当時10歳だった自分に強い愛情を持っていたことを知っていたからだった。』

もっと子供向けのファンタジー映画かと思っていたら、こんなに重いテーマの映画だったとは観てみて驚きました。実際はアリスが10歳の頃、ルイス・キャロルは30歳だったらしいのですが、映画ではイアン・ホルム(ロード・オブ・ザ・リングのビルボおじさん)がやっているので、40歳から50歳くらいに見えて、とにかく彼のアリスを見つめる表情が怖いんです。この映画のタイトル「ドリームチャイルド=夢の少女」というのも、ドジソンにとってアリスが夢の少女だったということだから恐ろしい… 
しかも10歳にして、アリスは彼からの好意に気がついていて「彼は私が好きなの」と自分の姉妹や母親に言っていて、みんなの前ではわざと「私のことをじっと見てた」という理由で水をかけたり、ドジソンの吃りを笑ったりするんです。そうやってバカにしながらも、彼が作ったおとぎ話は大好きで、自分の為に書いた本をもらうと「一生の宝物にする」と言ったり。幼さ故の残酷さというか、生まれながらにして小悪魔なのか。ホラー映画に登場する子役が怖い、あの感覚にも近いものを感じました。

80歳になっても、ずっとその頃の記憶がアリスを苦しめていて、物語に登場するイカレ帽子屋や、三月ウサギたちが幻覚になって現れて、彼女にナゾナゾを出して、答えられないと「アホなばあさんだ」と暴言を吐くのです。そのシーンが、80歳になって記憶力も低下してきた老人に対する言葉にもとれるから、ちょっと辛い。それに彼女にとっての「不思議の国のアリス」は、ドジソンの愛情に混乱したり、ドジソンにしてきた自分の酷い態度を思い出して申し訳ない気持ちになったり、封印したい過去の記憶なんです。

でも強引な元新聞記者の説得で、彼女は少しずつラジオ出演や取材を受けるようになって、ドジソンの記憶と向き合います。すると、風変わりで気難しいドジソンの愛情というものが、歪んだものではなく深い優しさだったことに気がつくのです。
最初は、ルイス・キャロル=ロリータコンプレックスの元祖(?)なのかと思って、なんだか恐ろしい映画だと思って観ていましたが、アリスの心の変化がこの映画の核になっていたので、見終わったらあたたかい気持ちが残りました。すごく良かったので、一度観て、次の日にもう一度観ました。ちょっと痛いけど素敵な映画です。
ファンタジー映画のテーマは「友情」とか「忠誠心」とか「勇気」とか、もっと小さい子供にも理解しやすいものが多いけど、この映画は「記憶」とか「老い」とか「死」、それに「愛(捉え方が難しい形)」がテーマなので、重いし深いです。デリケート(?)な話すぎて当時(1985年上映)話題にならなかったのかな?なんて思いました。

ちなみに、少しだけ登場する「不思議の国のアリス」でおなじみのキャラクターたちも、やけにグロくて最高です。それもそのはずで、担当はジム・ヘンソン(セサミストリートの産みの親で、「ラビリンス/魔王の迷宮」の監督)でした。彼が作るクリーチャーが大好きなので、それが見られただけで大満足でした。テニエルの原画を参考にしながら、不気味な可愛さと、どこか笑える雰囲気が彼らしい!やっぱりジム・ヘンソンは唯一無二の存在です。VHSだから画像が悪くて、クリーチャーの細かい所までは見えないのが残念ですが、いろんな意味でちょっと怖いファンタジーに興味がある方はぜひ探してみてください。

b0112607_2358368.jpg
b0112607_044066.jpg
b0112607_044876.jpg

[PR]
by pop-cult | 2009-05-16 00:15 | 70s・80sファンタジー