アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

ロックの学園2010!とacidman版ロックの妄想学園。

今年も遥々三崎まで行ってきました、ロックの学園2010(3日目)、武道館も一緒に行ったYちゃんと共に。目的はアシッドマンの体育館ライブです。

今日のセットリストは度肝抜かれました。まさかの「REAL DISTANCE」!!ライブで盛り上がるタイプの曲ではないからイベントで聴けるなんて!とにかくベースがかっこいい曲で大好きなので、佐藤さんガン見でした。
「バックグランド」もかなり久しぶりに聴きました。あのベース→ギターときてドラムが入ってガラッと変わる不思議なところ(これの説明で分かる人、最高です)がかっこいいです。
一番嬉しかったのは「イコール」!はじまる前に「今日イコール聴きたいな」とつぶやいてたから、きっと心の声が届いたのですねー。歌詞も最高。「アレグロ」も良かったなー。

1. A beautiful greed
2. ±0
3. world symphony
4. バックグラウンド
5. FREE STAR
6. イコール
7. REAL DISTANCE
8. 季節の灯
9. Under the rain
10. CARVE WITH THE SENSE
11. ある証明
12. アレグロ

アシッドマンライブ(一時間)のみのために三崎って、ちょっと遠いし早起きだなーってぶつぶつ言ってたのですが、ここまでマニアックな選曲ってなかなか無いから、本当行って良かったです。ま、もちろんもっと聴きたかったけど、相変わらずのイチゴ先生の残念な小学校時代の話も聴けたし、なかなかおなかいっぱいでした。おなかいっぱいと言えば、ピーナッツカレー美味しかったです。マグロと大根はスルーしてごめんなさい。


Yちゃんと「1限目だけじゃなくて、2限も3限もアシッドマンだったらいいのに…」なんて話をしていたら、あとからどんどん妄想が膨らんでしまったので、この先は私の妄想のロックの学園の時間割を書かせて下さい…。

1限目の体育館ライブはアシッドマン。曲は「創」「LOOP」「equal」が中心。8 to 1で始まる。サトマのキャップは3曲目の「降る秋」で飛ぶ。「アイソトープ」は2ndライン。最後は「リピート」でしんみりと終了。

次はロックの授業。大木伸夫教諭による『素粒子物理学』
内容が内容だけに居眠りの生徒がいると、チョークの代わりにピックが飛んでくる(大木さんのなら欲しい)

2限目ライブもアシッドマン。曲は「and world」「green chord」「Life」が中心。サトマのキャップは2曲目の「REMIND」で飛ぶ。「River」→「千年歩行」→「FREE STAR」という流れに涙。

次のロックの授業は、佐藤雅俊教諭による『映像論』
佐藤さんが「ヤバイ優先(by 増子さん)」で選んだ映画やPVのここだ!というシーンをひたすら観る。佐藤さんがひたすら「ヤバいんだよ」と解説してくれる。(私は本当にそんな授業を大学で取っていた)

次もロックの授業。ウラヤマイチゴ教諭による『調理実習』
みんなでラーメンをわいわいつくる。途中で「僕はミュージシャンなんだよ」と教諭がちょっとキレる。

3限目ライブもアシッドマン。アルバム「a beautiful greed」を最初から最後まで!武道館の感動が蘇る。サトマのキャップは「±0」で飛ぶ。「OVER」でまさかの生徒大合唱。アンコールはやっぱり「廻る、巡る、その核へ」で。

アシッドマンの体力が持つか心配ですが、こんな学校だったら何度でも留年します。こんなことばっか考えていたら眠くなってきました…。次は5月のJAPAN JAM!でもRocks Tokyoも行きたくなってきた…、チケット探すか…?と言ったところです。
写真は、今日学校内で見掛けたイチゴイラストを厳選して載せさせていただきました、無断で。困るという作者の方は申し訳ないですがコメント下さい。

b0112607_2331593.jpg

[PR]
by pop-cult | 2010-03-22 23:44 | 主にACIDMAN(音楽・ライブ )