アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

JAPAN JAM 2010 ♪ 5/15

JAPAN JAMというフェスに参加しました。場所は富士スピードウェイ。記念すべき第1回目です!ジャムという名前がついているだけあって、各バンドがいつもとはちょっと違ったスタイルで登場するというのがこのイベントの特徴で、ゲストとセッションをしたり、アコースティックバージョンをやったりと、なにかと特別なフェスでした。ステージは2つで、交互にやるから急げば全部見られるというのも魅力的。面白すぎたので感想書かせてください!

久々に5時起きなんてしちゃってツアーバスで富士に向かって、現地でTさん(リンクはってるタジマガジン参照)とTちゃん(ちょっと久々)と集合しました。イスゾーンに持参したイス(ガラクタ貿易で500円)を置いて、最初のLOW IQ 01に供えて前に急ぐ。
まずは恒例の渋谷さんの朝礼。どうやらまだ知名度のないフェスなのでチケットがかなり余っているとのこと…。そして面白かったらどんどん宣伝してって言ってました。もちろん宣伝しますよ、渋谷さん!!


そして晴れ男01さん登場。この日のハットもダンガリーシャツのような長めのジャケットもかっこいい…。「こう見えて緊張しているのよ」と言いながらビールを一気飲みしていらっしゃいました。
最初は横から3人で見ていましたが、ステージの目の前の一番盛り上がっているゾーンを指して「あそこに行きたいんじゃない?」とTさんにズバリの指摘を受け、3曲目くらいで我慢出来なくなって一人男どもの海へ。足をひねりました。
ゲストが登場、一人目はストレイテナーのホリエさん、渋い!二人目は我らがアシッドマンの大木さん!普段持っているもの(ギター)がないせいか、こっちまで緊張しそうなほどの緊張っぷり。しかもその様子をステージの袖で見て笑っている佐藤さんを私は見逃さなかったです。
「Distance」はしっとりしていて良い曲。その後10-FEETのタクマさんの元気なステージがあり、最後のゲストはなぜか上半身裸のブラフマンTOSHI-LOW。すごい笑顔でした。

b0112607_2238679.jpg


01さんが終わったらすこしずつ曇ってきました…。
もう1つのステージに移動してビークル聞きつつご飯。私→炭火焼き鳥まぶし丼的なものと、生クリームを抜いて生八つ橋みたいになってしまった残念なクレープ。Tさん→タコライス、ジントニック。Tちゃん→おしゃれなカフェご飯みたいなナゾのものと串カツ的なもの。

また移動。オーバーグラウンドアコースティックアンダーグラウンドになんとゲストがCocco!出て来ていきなり「渋谷がやれって言うから…、曲も覚えてないし、友達じゃないし…(←!?)」とか言いながら泣いていました。「がんばれ、あなたの歌声は素晴らしいから」と心の中で応援しました。トシロウの白シャツがセクシーでした。

次はテレフォンズ(通称、電話)メンバーの一人がほとんど江頭で心配でした。同僚のUさんに聞いたところ、彼は車にひかれて人格が変わったそうです。
今度はCoccoの単独ライブ。イスから見ていました。なぜか急に「強く儚いものたちへ」の歌詞の意味が分かったような気がしました。ちょっとしたスピリチュアル体験。

次のストレイテナーのステージには再び大木さんがゲストでした。彼がテナーの曲でダントツ好きと言う「SIX DAY WONDER」という曲を歌っていました。初めて聞いたのですが、アシッドマンの曲なのかというくらい声に合っていて気に入りました。意外だったアンダーワールドのカバーもかっこ良かったです。

伝説のバンド、PLASTICSをTちゃんと共にイスでゆっくり見ました。歌詞と衣装がアヴァンギャルドでした。しかし途中、目の前にいたちびっ子(推定1歳男子)の、かき氷の残り汁をお母さんに捨てられ、泣き崩れて絶望する姿に気を逸らされました。


そしてそしてついにACIDMANの登場!アシッドマンはcandle JUNEさんのキャンドル演出と、ゲストが二人、ストレイテナーのホリエさんとDragon AshのダンサーATSUSHIさんでした。もうこのライブは良すぎて、また次にがっちり書かせてください。1曲ずつ長々語りたくなってしまうほど素晴らしかったので。

b0112607_22385551.jpg


トリは10-FEETで、なんと言ってもゲストが意外な女性二人、つじあやのさんとリンドバーグの渡瀬マキさん!アシッドマンの後にお腹がすいちゃって、初の歩きラーメンをしながらイスゾーンまで向かいました。「今すぐKISS ME」が聞けたのが最高でした。その後、ブルーハーツの「トレイントレイン」をカバーをしていて、盛り上がりどころをおさえている10-FEETでした。

これは好きなアーティストが1組でも出ていたら、絶対に見逃せないフェスです。もちろんいなくても、そこでしか見られない特別なフェスなので楽しめるはず!ロッキン・オンが主催だとオフィシャルグッズも会場もオシャレで楽しいです。富士山の形の箱に入ったJAPAN JAMサンドクッキーなんてものまで売っていて流石でした。

来年も絶対行きたい素敵なフェスでした。
b0112607_0291587.jpg

[PR]
by pop-cult | 2010-05-18 00:32 | 主にACIDMAN(音楽・ライブ )