アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

一応クリスマス映画『未来世紀ブラジル』

『Dr.パルナサスの鏡』『ローズ・イン・タイドランド』のテリー・ギリアム監督の代表作、1985年に公開された『未来世紀ブラジル』を久々にもう一度観たくなって借りました。こんなに面白かった?と驚くほど面白かったのと、たまたまクリスマスシーズンという設定だったので、丁度いいのでブログに書いちゃいます。

20世紀のどこかの国の暗黒社会の話で、情報局に務めているサムと言うあか抜けない男が、いつも夢に登場する美女を追ううちに、知ってはいけない情報省の隠ぺい工作の裏の事実を知ってしまい、どんどんおかしなことに巻き込まれていく話です。

やっぱり、80年代の映画って素晴らしいと再確認しました。まだCGがあまり発達していないので、作るしかない!ということで妙に手の込んだ美術…。この映画は、そんな美術と映像を見るだけでも価値があります。内容よりもそっちに比重が置かれていると言っても過言ではないです。
未来的に見えてちょっとアナログ感もある奇妙な街。「ブレードランナー」とか「AKIRA」は私としては、“ とにかく街が魅力 ”と感じる映画なのですが、この映画もその1つだと思いました。透明な箱みたいな乗り物を使って通勤していたり、一人乗りの不思議な自動車に、建物のデザインもおかしいし、登場するものがほとんどこの映画のためにデザインされたものだからすごいです。
サムが働く情報省は、上司がいるときだけ真剣に働く人が所狭しにいる部署や、深夜の駐車場のように静かで不気味な部署、みんな強面だけど、なぜか真剣にクリスマスソングの合唱練習をしている部署と、そんな所にもバラエティ豊かな設定がされていて笑えます。
サムの家の中にはやけにダクトいっぱいだし、バック・トゥ・ザ・フューチャーの最初に出てくるような、勝手にパンを焼いてコーヒーを入れる機械があったり、警報みたいな音がなる電話とか、タイプライター型のパソコン(?)とか、目に入ってくるものがどれも面白すぎます。
登場人物も気持ちが悪い人ばかりで、サムの母親なんて頭にクツを被っています。レディガガを思い出しました。そうかと思うと情報局の役員は古めかしいスーツと帽子の市民ケーン的な服装で、差がまた面白い。夢の中に登場する悪者もなぜか甲冑を着ていたり、おかめみたいなお面を着けていたり、なんで?というものばかり。
なんで?と言えば、おいしい脇役にロバート・デ・ニーロが出ています。本命の役ではなかったけど、どうしても出たいと監督に頼んだらしいです。やるな…デニーロ…。

どこの美術、どこの登場人物、どこのシーン、どれをとっても面白いです。天才ってやつです。ただ話はかなり理不尽です。まさかの終わり方に「ギリアム監督はお客さんに絶対媚びないのだね…」ともう感心しました…。全く幸せにはなれないクリスマス映画を探している変な人がいたら、これをどうぞ。
b0112607_16332610.jpg
b0112607_16331572.jpg
b0112607_1633251.jpg

[PR]
by pop-cult | 2010-12-16 16:34 | 70s・80sファンタジー