アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団をみた!!

不死鳥の騎士団!観てきましたー!!!

面白かったー!!おすぎじゃないけど、今までそれほどいいとは思ってなかったけど、今回観て見方が変わりました!いい!ハリーポッター!今さら気付いてごめんなさい!

今までの4作は、、
「賢者の石」は、最初ということもあって「こんな雰囲気なんだ〜」って気持ちと、可愛いのに意外と怖いところもあるのねーくらいの印象でした。
「秘密の部屋」は、人の名前はうろ覚え、途中ちょっと眠気に襲われつつ、後半、意外と話が深いのか…?と5分の3くらい内容を理解して終了。
「アズカバンの囚人」は、時間のトリックとか、最初の激しいバスとか、ゲイリーオールドマンとか、私のツボも揃ってたし、全体的にテンポがよく感じ、1と2より好きでした!マグル(人間)が知らない単語が入ってるタイトルもミステリアスでいい。ロンの服もかわいい!
しかし「炎のゴブレット」は前作に比べると、とにかく画面が暗い。美術が地味。今まではちょっとしたシーンをとっても背景にかわいらしい植物とかちらっと写ってたり、そーゆーのがハリーポッターの良さだったのに。迷路のシーンも可愛さゼロ。廊下の絵も動かないし。内容を考慮した結果かもしれないけど、手抜きに感じる場所も少し。それにロンとハーマイオニーが喧嘩っぽくなるシーンとかも重要ではないけど寂しくて。全体的に寂しい悲しい空気に感じました。

でもでも、「不死鳥の騎士団」は暗いのに最高傑作!!今までで一番ディープな内容にもかかわらず、どんなに辛い状況でも戦っていくハリーたちのエネルギーに感動してしまいました!!
新しいおばちゃん先生も、ピンクづくめでかわいいのに、性格は信じられないくらい悪くてそのギャップにまずやられました。不思議少女ルーナもかなりいい味出してるし、ロンのお兄ちゃんたちもはじけすぎ。シリウスやらルーピン先生も再び登場して、今回登場人物が多い多い!でもそこがまた良かった!それでもまとまりはあるし、全く飽きることありません。私が気になっているロンとハーマイオニーの関係も、なんとなくいい雰囲気のシーンがあったし。ハリーが少々老けてたって気になりません!あれ以上幼かったらキスシーン嫌だし。どんどん心が病んでいくハリーの演技もすごかった。痛みが伝わってくる感じでした。
前回いまいちに感じた美術の面でも今回は大満足。シリウスの部屋のファミリーツリーとピンクづくめの部屋がとくに素敵!暗いシーンが多くても、シーンごとにメリハリのあるセットで、ファンタジー映画の美術はこうあるべき!と思いました。最後は思わず涙がでてしまう出来事があるけど。。

テンションが上がりすぎて、映画館に売ってたハリークッキー買ったらパッケージも可愛すぎ。そして今さらながら原作本も購入し(ブックオフで100円)ポッタリアに少しずつ近づいているのでした…。


b0112607_0302270.jpg
b0112607_0303610.jpg
b0112607_0304781.jpg

[PR]
by pop-cult | 2007-07-27 00:31 | ファンタジー映画