アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

「ナイト・オン・ザ・プラネット」とタクシーの運転手

ジム・ジャームッシュ監督の「ナイト・オン・ザ・プラネット」は、ふと夜中に思い出して、なんとなくまた観たいな〜ってなる映画です。ロス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキ。この5つの都市で、それぞれのタクシーがそれぞれのお客を乗せて、夜の都会を行く話。5つの短編集です。今まで何本かの短編集を観てきたけど、全部の話がこんなに面白かったのはこれだけです!

ロス:ウィノナ・ライダーがあんな上品な顔して煙草吸いながらタクシーを運転しててかわいいです。これ観て、結局人の幸せって、本人の満足度なんだよなーってことを考えさせられました。

ニューヨーク:一番大好きな話です。いかにもなテンションの黒人ヨーヨーと、ドイツからきた道化師のおじいちゃんヘルムートのやりとりを見てるとなぜか幸せな気持ちになります。最初は「このタクシー失敗したなぁ」って気持ちでいた乗客もいつの間にか運転手に心を開いちゃう。一期一会を感じます。

パリ:盲目の女性が出てくるんだけど、彼女が魔女みたいに見えます。タクシーって個室の空間が濃厚に感じます。

ローマ:ロベルト・ベニーニ節がとにかくウザイ!あんなタクシー絶対嫌だけど、考え深い話です。

ヘルシンキ:人間って基本的に自分のことしか考えててないよなぁって、笑いながら染々考えちゃう話。ある種の不幸な出来事ってものは、時により笑い話にされてしまう。かわいそうなのに、ただのマヌケ扱いをうけてしまう主人公が、やっぱり最後はかわいそうで、でも明け方に道端に座りこんでる姿はやっぱり滑稽だなぁ、人って滑稽だよなぁって。そんなこと思います。

全体的に笑える所とただ笑って流せないところが散りばめてあり、短いストーリーの中に人生とはなんぞや、人とはなんぞやってことを考えさせられる出来事詰まっています。大袈裟に聞こえると思うけど、私は日常のちょっとした出来事にこそ小さな答えがいっぱい隠れてると思うので、この映画には色々教えてもらった気がしています。


映画は関係ないけど、この映画にちなんで、自分が出会った変なタクシー運転手ベスト3を紹介します。

第3位:私よりも私が勤めていた会社に詳しい運転手。行き先をつげたら「あー、あの会社、24時間営業みたいだねー」入社したての私は驚いたが事実だった…。

第2位:酔いつぶれた意識不明の女の子を助けた武勇伝を1時間半力説した運転手。最終的に家まで送ったら豪邸で、どっか大手の社長の娘だったって、、どこまでが本当なのか。

第1位:フラダンスの話がしたかった運転手。最初は私の髪型をみて「はやってますよねー、そういうアップ(おだんご)若い子みんなしてますねー」から入り、「でも、長いと髪型色々できていいですよねー」とおやじにしてはイキなコメント。そして「長いと、おろせばフラダンスもできますしねー」って。え!?ってなった私にかまうことなくその先はフラダンス話へ…。それ話したかっただけかい。

それでもタクシーと話すのは嫌いじゃないです。
b0112607_0362236.jpg
b0112607_0363943.jpg

[PR]
by pop-cult | 2007-09-11 00:42 | 外国の映画