アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

フェアリーテール・シアターの『ナイチンゲール』と『こわがることをおぼえようと旅に出た男』

「フェアリーテール・シアター」は1982年から87年までアメリカでテレビ放映されていたという、ちょっとした伝説の番組。グリムやアンデルセンなどの童話を毎回違う監督が独自路線で映像化するというもの。テレビ番組のわりに、集まってる監督も出演者もやけに豪華。日本で例えるなら「濱マイク」みたいなものかな?(それしか知らないから)
しかも、製作総指揮が女優のシェリー・デュヴァル!「シャイニング」の奥さん役だった、なにげにジャック・ニコルソンより顔が怖いっていうあの人です!女優業だけじゃなくて色々と精力的に活動していた方みたいです。顔つきもなんかファンタジー。
ユーロスペースでその中の四本が上映されています。駆け込みで、先に上映の2本を観てきました。

『ミック・ジャガーのナイチンゲール』

いきなりあまりの安っぽいセットにびっくりして、さらにローリング・ストーンズのミック・ジャガーが中国の皇帝の役という無理矢理な感じにも驚きました。これは手のこんだコントか?と。なぜミック・ジャガーを選んだのかは謎だし、顔が意外と綺麗な分、コスプレの面白さが増して見えました。それにメインのナイチンゲール(鳥)がもうメインなのに大胆とも言えるチープさで…。昔見た、教育テレビの「お話の国」みたいでした。「今ってもうお話の国はやってないのかな…」なんてことを考えたりして、話よりも、セットが壊れるんじゃないかとか、そっちが気になってしまって。そのうち「このままでは寝るな」とウトウトしはじめたら終りました。とりあえず貴重なモノを観たな、ということでした。


『クリストファー・リーとフランク・ザッパのこわがることをおぼえようと旅に出た男』

ナイチンゲールを見た後だったので、いっそのこと「セットの粗探しして楽しむしかないかなー」なんて思って期待しないで見始めたけど、これが意外に大ヒットでした。
主役は「アリー・my・ラブ」の脇役弁護士の人(ピーター・マクニコル)で彼がいい味出してました。
「怖い」とか「ゾッとする」という感覚が一切分からない主人公が、ある日父親に「何も怖がらないお前が怖い」と家を追い出され、そのまま恐怖を求めて旅に出ます。そこである城の幽霊退治を引き受けることになるのです。
彼の何に対しても動じない、というより恐ろしく鈍感な姿が面白すぎてずっと笑っていました。城の中のテーブルに骸骨が乗っていても、平気でその上で食事を始めたり、脅かしてくる幽霊達に対してはもう「リアクションするのもダルい」みたいな態度で、そのうち「唸るならもっと声の出し方を変えた方が迫力がでるよ」とアドバイスするほど。
彼のその勇敢(?)な態度に惚れてしまったお姫さまが「ステキ!あなたと結婚するわ!!」と一人で大盛り上がりし始めたら、急に彼の体が震えだして一言「コレが恐怖か!!」っていうオチ…。超ブラック、こういうの大好きです。
セットもわりとチープなんだけど、古典的ホラーな雰囲気で可愛くて好きでした。ドラキュラとかフランケンシュタインとか、あとゾンビとかも、あーゆー雰囲気に弱いんです。ハンズに売ってるかぶりものとかも、ちょっと惹かれます。昔、死にかけ人形持ってました(当時みんな持ってたけど)
脱線したけど、そんな感じでこっちはすごく楽しめました。

今は、ティム・バートンと、コッポラの作品が上映中なので、また見に行こうと思います。画像は、怖くないシェリー・デュヴァルを見つけたので。シャイニングの時とは別人みたいに可愛いです。
b0112607_0125079.jpg

[PR]
by pop-cult | 2008-08-18 00:19 | 70s・80sファンタジー