アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox
1974年に公開された、ロバート・レッドフォード版「華麗なるギャツビー」を初めて見た時、なんだか分からないけど妙に惹かれました。今でもどこが好きなのか聞かれたらはっきりとは言えないけど、多分登場人物に惹かれたのではないかと思いました。

何が楽しいのか毎晩ばか騒ぎのセレブ達を、微妙なまなざしで眺める謎の男ギャツビー。怖いような、切ないような独特のキャラクターで、なかなか掴めなくてどんどん引込まれました。レオ様版と比べて、こちらのギャツビー氏は、まわりの人間が色んな噂をしていても本人はもの静かで堂々としていて、とても寡黙なイメージがありました。まさに内に秘めた情熱といった空気。
レオ様が、面堂周太郎やおぼっちゃまくんやブルース・ウェインのような“笑える金持ち”に見えるのに対して、レッドフォードさん演じるギャツビーはリアリティのある大金持ちに見えるのです。

そしてデイジーという人間は、不思議なくらいのハイテンションで、でも突然泣き出したり、なんだか人物像がなかなか掴めません。そこがギャツビー同様面白く感じました。
演じたミア・ファローという女優さんはもしかしたら(例えが悪いけど)キムタクのようにどんな役を演じていてもおんなじ人になっちゃうタイプの女優さんなのかな、と思います。彼女が出ている映画は何本かしか見てないので言い切れないけど、毎回不思議な存在感があります。
綺麗なんだけど、目の強さがちょっと怖い…。彼女がいるだけで、まわりの空気を変えてしまうような強さがあるのに、今にも壊れてしまいそうな精神状態を隠したあのハイテンション。レッドフォードさん演じるギャツビーと同じくらい、ミア・ファロー演じるデイジーも強烈な印象を残しました。

1974年版はとにかくこの二人にしっかりスポットが当たっている印象でした。もしかすると、この主演二人の個性が強くて観ている側にそういう印象を与えただけなのかも知れないですが…。
ストーリーテリングとなるニックも、デイジーの夫トムも配役が成功していてよかったです。

レオ様版には無いシーン(原作にもないという噂)で好きだったのが、最後にデイジーがニックに何事も無かったように「新居に遊びにきてね!!」と話しかけるシーン。あのシーンによってミア版デイジーはいよいよ悪役と言えるほどのものになったけど、このシーンでやっとデイジーのキャラクターが掴めた気がしました。
後からウィキって知って驚いたのは、脚本がコッポラだったということ。どうりで面白いわけです。

b0112607_21105530.jpg

b0112607_21105254.jpg

b0112607_2110552.jpg

b0112607_21105674.jpg


そして、今回のバズ・ラーマン版「華麗なるギャツビー」、こちらも面白かったですー!!
「ロミオ+ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」よりも面白いと思います。
原作や、レッドフォード版が好きな人からは賛否両論があると思いますが、私はこっちも好きでした。やはり最初は比べてしまいましたが、別物として楽しめました。
なぜかレッドフォード版の良さも再確認し、バズ・ラーマンの良さも再確認するという不思議な気持ちになりました。

まず、内容が一緒なのにも関わらず、登場人物から受ける印象が全然違うことに驚きました。
デイジーのキャラクターは、ミア・ファロー版と比べてかなり控えめな印象がありました。なんとなく現状に満足していないけれど、あきらめて落ち着いているような。ミア版デイジーは、自分が結婚していることを忘れて、ギャツビーのことを本気にさせるだけさせておいて、現実とは向き合わずに逃げる、一番タチの悪い女に見えましたが、キャリー・マリガン演じるデイジーは、ギャツビーに押されて自分も惹かれるもどこか常に後ろめたさを感じていて、冷静さがあるように思いました。
だからレオ様演じるギャツビーが、レッドフォード版と比べて1人で暴走しているようなもっと滑稽なキャラクターに見えてしまったのかもしれません。

レオ様版ギャツビーは可哀想だけど、最初からどこかうさんくさく、1人でもり上がってしまっていて、見ているこちらに不安を与えるキャラクターでした。自信満々の登場シーンは、レッドフォード版と全く違う印象だったので驚きました。でも、そんな彼の見え見えな“無理してる感”が、またキャラクターの魅力の1つでもありました。

レッドフォード版でも印象的だった、デイジーとの再会シーンは、笑いもあり一番バズ・ラーマンらしさを感じてとても好きなシーンでした。

そして期待していた衣装や美術は期待以上でした。3Dは目にくるけど、あの世界観は3Dと合っていておすすめです。パーティシーンはバズ・ラーマンならではの映像美でした。

実は私の中で一番ツボだったのはレオ様の衣装。すべてブルックスブラザーズらしいのですが、もうサスペンダーとか素敵すぎてトラディショナル最高と叫びたかったです。
それにどんなにアカデミーから嫌われていても私はやっぱりレオ様が好きだと再確認しました。ちょっと滑稽で、でも憂いをたたえたあの雰囲気は彼でないと出せないと思いました。

ニック役のトビー・マグワイアも現実引き戻し役としていいバランスでキャスティング成功という感じでした。欲を言うとデイジーの夫、トム役が、必要以上に強烈な印象を残すので、もう少し個性的すぎない人選でもよかったのではないかと思いました。

1度観ただけではちょっと足りないので、もう一回見たいくらいです、次は2D吹き替えも良いかもしれないです。でもまずは村上春樹が訳した「グレート・ギャツビー」を読んでみようと思いました。

b0112607_21105830.jpg

b0112607_2111263.jpg

b0112607_2111598.jpg

b0112607_211177.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2013-07-11 21:21 | 外国の映画
三栄書房から発売中の
「チクチク Chic Chic」というハンドメイド作家と
ハンドメイドのレシピ紹介のムック本に
SCHOLE(スコレー)の私と山本が出ています。

私はプラバンで作るピアスのレシピ
(図案)を載せていただいてます!

手作り好きな方はぜひぜひ手にとってみてください♡
宜しくおねがいします。

b0112607_1381619.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2013-05-15 13:14 | ♡プラバンアクセサリーetc.♡
特に期待もせず、でも「L.A.コンフィデンシャル」大好きな私としてはちょっと気になる存在だった、「L.A.ギャングストーリー」観てきました。

1940〜50年代のロサンゼルスの街は警察ですらギャングに逆らえない時代。そこで命をかけてロスを取り戻そうと警察の秘密部隊が立ち上がる、というお話です。ある1人の極悪ギャングがいて、そいつ絡みの悪行を取り締まろうとする正義感溢れる警察は、仲間から煙たがられ、怖いからみんなそのギャングに仕方なく従ってしまっているという…。よくある題材で、でもみんな大好きな題材です。

その「俺がルール」のギャングのボス、ミッキー・コーエンという人物は、どうやら実在の人物らしいです。実際にこんな人がいたのかと思うと、あの時代のL.A.では長生き出来そうにありません… 気に入らないとすぐに皆殺しです。
そのコーエン役は、こんなに悪人顔に見えたのは初めてってくらい、いや〜な顔だったショーン・ペン。なかなかはまっていました。

正義感溢れる警察代表は「MIB3」での若き日のKを演じていたジョシュ・ブローリン。違和感無くて良かったです。
印象が上がったのは、ライアン・ゴズリング。売れてるけどそんなに好きじゃないんだよなーなんて思っていたけれど、今回のちょっとチャラい役が似合っていて存在感もあって、コッテコテ映画の中にいいアクセントになっていた様に感じました。
エマ・ストーンも綺麗で色っぽくていいね〜、「アメイジング・スパイダーマン」の時よりこっちの方が好きです。

あと、「ターミネーター2」に出ていたロバート・パトリック(シャワちゃんを殺しにくるアイツ)というおじちゃんもいい味出てました。最初「この顔、見たことあるけど誰だっけー?」とモヤモヤしましたが後で調べてすっきり。

悪者と正義の戦い、悪い人はとことん悪く、いい人はこれでもかというほどいい人。もう超ど真ん中すぎて、始まって最初の15分くらいは「これはやっちまったか…」と心配になるほどのコテコテっぷりでしたが、徐々にそのコテコテにも慣れきて、だんだん面白くなって来ました。

後から知ったのですが、監督は「ゾンビランド」のルーベン・フライシャーとのこと。「ゾンビランド」との共通点は、映像がちょっとPVっぽく凝っている所と、好き嫌いはあるにしてもきちんと起承転結がある所。その点は同じくルーベン・フライシャー作品の「ピザボーイ」も共通しているけど、「ゾンビランド」と比べてしまうと同じコメディとして物足りなさがありました。「L.A.ギャングストーリー」はまた全然違う題材で、コメディでもないところが良かった気がします。笑い無しで作ってるけど、カッコつけまくっていてちょっと笑えるという独特な世界観でした。

美術もお金かかってるし、BGMもおしゃれ。「L.A.コンフィデンシャル」とは比較してはダメですが(アレは別格)ポップコーン片手に楽しめる愛すべき映画です。おすすめです。監督にはまた全然違う映画を今後作ってほしいと思いました。

b0112607_1354679.jpg

b0112607_1335313.jpg

b0112607_1335626.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2013-05-14 20:06 | 外国の映画
「マトリックス」のラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督と、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ監督がタッグを組んだ、現在公開中のSF映画「クラウド アトラス」を観てきました。
「アトリックス」は2と3を全然理解出来なかったので、今回も難しすぎて楽しめないのではないだろうか…とドキドキしながらでしたが、これがかなり面白かったです。(「ムーンライズ・キングダム」に「アンナ・カレーニナ」と今年は劇場に観に行った映画の当たり率高い!)

内容は、一言で言うとカルマ(前世の善悪の行いによって、現世の生きる環境の質に大きな影響があるということ←あるページから拝借)の話です。
生まれ変わりとか、前世、来世という概念を信じる人にとっては、すごく興味深くて、何度か繰り返して観てみたくなるような話ではないかと思いました。

主演は、トム・ハンクスと、ハル・ベリー以外に、ジム・ブロードベント(ハリポタのスラグホーン先生!)、ヒュー・グラント(ラブコメ以外で観たの私は初めて!)、
スーザン・サランドン(ウォシャウスキー作品の「スピード・レーサー」に出てたね!)、ジム・スタージェス(「アクロス・ザ・ユニバース」の人か!)、ペ・ドゥナ(「空気人形」の人だ!)、ベン・ウィショー(キモかっこいい「パフューム」のあいつ!)、ヒューゴ・ウィービング(エージェント・スミスがまだいたか!)
などなど、蒼々たるメンバーが出ていました。

誰が出ているかほとんど知らずに観に行ったので、観ながら驚きの連続でした。だって、ここに書いた人は、少なくても1人3役、多くは6役を演じているから、新しい登場人物が出てくるたびに「アッ」となって、でもエンドロールの時に「あの役があの人!?」「こんな所に…!?」と見逃していたところもあって、そういう部分も面白かった要因の1つです。

今、曖昧な記憶を思い出させるため、公式HPを初めてみてみたら、長い予告も観られたし、作りも素敵なので貼付けておきます。ぜひ観て欲しいです!
http://wwws.warnerbros.co.jp/cloudatlas/index.html
今予告観ただけでちょっと涙目になってしまいました。はまる人ははまる映画です。
ネタバレは言いたくないので言わないけど、私はトム・ハンクスの現在、過去、未来を観ていて感動しました。他にも感動ポイントは沢山あるけど、彼が一番人間らしい人間に描かれていたように感じます。

もともとSF好き、カルマとか信じる人ははまるとは思うけど、この映画は、そういうことにそこまで興味が無い人でも十分楽しめる作りになっています。分かりやすさも考えて作られている所がまた素晴らしいと思います。
映画館で近くに座っていたおじさんが、終わってから隣りの奥さんに「難解かと思ってたら、そんなこと無かったよね!!!」と興奮気味に話していたくらい、意外と普通に楽しめるんです。
もちろん「TAXI」とか何にも考えないでいい映画とは比べちゃダメですが、各時代のエピソードにそれぞれ事件が起きたり、テンポもいいので長かったけど飽きませんでした。そこも好感が上がりました。

“テーマが壮大”って言ってしまうと、自分の普段の生活とか生き方とはかけ離れた話って思われてしまいそうですが、本当に言いたいことは実は身近で誰にでも置き換えられる話なのではないかと思います。
普遍的なテーマをアートとして、エンターテイメントといて伝えてくれる所が、ファンタジーやSF映画の素晴らしいところだと、この映画は再認識させてくれました。
…もう一回観たい!
気になる方は劇場で!

そうだ、キャッチコピーは「すべてはつながっている」です、これはteam ACIDMANの人にもお勧めです!ぜひ。

b0112607_10514034.jpg

b0112607_10513652.jpg

b0112607_10514661.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2013-04-08 10:57 | 外国の映画
b0112607_11202365.jpg


3月11日まで開催していた「wansaka FOREST」、今までのワンサカ史上最高の盛り上がりになりました。足を運んで下さった方、ありがとうございました!!!

このブログをみて見て下さってコメントまでいただいて、嬉しすぎたので、ワンサカでの様子をここで振り返ってしまおうと思います。(自分でもびっくりするほどこのブログを放置してしまっていました…ワンサカに来てから見て下さっていた方が他にもいらしたら、ごめんなさい!!また更新するので、懲りずにまた見てください…)

今回のワンサカは「フォレスト=森」というテーマだったので、大好きなフクロウを中心に作品を作りました。

b0112607_11251447.jpg

b0112607_11252552.jpg


ネイティブアメリカンフクロウ、錬金術師フクロウ、王様フクロウ
というテーマで絵も描いて、その絵を使ってプラバンにして、ブローチを大、小と作りました〜!

b0112607_11265567.jpg

ちっちゃい!!
b0112607_11271587.jpg

これがブローチになる前のプラバン。
これを布を張った刺繍枠に貼付けて、まわりにビーズ刺繍をして作っていきます。

フクロウ以外には、大好きなロックバンドACIDMANの「アルケミスト」という楽曲のイメージで作ったブローチも出していました。
b0112607_1130280.jpg

b0112607_1131334.jpg

反応してくれるteam ACIDMANの方もいて嬉しかったです。ツイッターでしかやり取りが無かった方ともこれを機に会うことができて、胸があつくなりました…!これからもアシッドマン作品つくるぞ!

b0112607_1133466.jpg

初めてギャラリー内で実演販売なるものもやりました。「頑張ってください」と声をかけていただいて、差し入れにチョコとかビスコをもらって、元気をもらいました!ありがとうございました。

早速来月は、いつもの会場、秋葉原の2k540で「WANSAKA」またあります!もちろん参加します。
テーマは“トラベル”これはまた「アルケミスト」作品を増量するしかありません。
またこのブログで告知しますので、宜しくお願いいたします。


「映画の話、少なすぎ…」と思われた方、すみません。私もそう思います。
映画館にはちょこちょと足を運んでいますが、感想が間に合ってない!!
最近はタラちゃんの「ジャンゴ 繋がれざるもの」や、ウェス監督の「ムーンライズ・キングダム」見てきました、どっちもキてました(←サトマ語)

そのうち感想書きますので、おつきあいくださーい!
[PR]
# by pop-cult | 2013-03-25 11:45 | ♡プラバンアクセサリーetc.♡
大好きなアメリカ人映画監督、ウェス・アンダーソンの最新作「ムーンライズ・キングダム」が2月の8日についに公開されます!もう、とっても楽しみすぎるので、彼が監督したこれまでの映画をこのブログで振り返ろうという、オタク企画を勝手に計画。雑に、独りよがりに全作品解説します!
お好きな方がいましたら、一緒にもり上がりましょー!!

『アンソニーのハッピーモーテル』(1996)
長編デビュー作品。ウェス作品の常連である、昔からの友人という、オーウェン・ウィルソンと共同脚本です。お兄ちゃんのルーク・ウィルソンが主演で、オーウェンは準主役という感じです。
ウェスを好きになってから観たので、ウェス特有のステキ美術がまだ無いので、ガッカリしてしまった作品。でも空気感はやっぱり良いです。

b0112607_1252245.jpg

b0112607_12522383.jpg



『天才マックスの世界』(1998)
これがウェス作品の中で一番好きって人も実は多いのでは?という隠れた名作。ませたガキンチョが学校の先生を本気で好きになって大人とガチバトルという笑っちゃう話です。またこの映画のサントラも最高です。ビル・マーレイ好きな方も絶対観ないと!

b0112607_12522683.jpg

b0112607_12522760.jpg



『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)
この映画でウェスとオーウェンはアカデミー賞脚本賞にノミネートされたこともあり、代表作。私はこの映画で知りました。一番好きです。ロイヤルさんというろくでもないお父さんが、バラバラになった家族を取り戻すべく、自分はもうすぐ死ぬと嘘をついてしまうお話。最初はとにかくどこで切り取っても素晴らしく絵になる美術や衣装に注目して好きになりましたが、後からじわじわとストーリーの良さにも気づいて、更に好きになった作品です。すべてが名シーンです。

b0112607_1311443.png

b0112607_1311335.jpg



『ライフ・アクアティック』(2004)
再びビル・マーレイ主演。ビルは映画監督の役で、チームのみんなと海に関するドキュメンタリーを製作しているという話。「ロイヤル〜」同様、家族のごたごたと、海、海賊、架空の魚も登場します。最初はピンとこなかったけど、何度か観ているうちにとても好きになりました。デヴィッド・ボウイの音楽もいい。チームの制服(良い大人がみんなお揃い)も熱いです。

b0112607_1311697.jpg

b0112607_1312233.jpg



『ダージリン急行』(2007)
私が一番好きな俳優エイドリアン・ブロディがウェス作品初参加で、個人的に最高にもり上がった作品。インドに逃亡してしまった母親に会うために、長男が勝手に兄弟3人のインド旅行を計画、表向きは“兄弟の絆を深める心の旅”と言う長男に、振り回されたり振り回したりの男3兄弟の話です。
いまいち、という声もちょこちょこ聞きましたが、私は大好きな1本です。ウェスの笑いのセンスは最高だと確信しました。なんだかんだエイドリアン出演の映画の中でこれが1番好きです。

b0112607_13131666.jpg

b0112607_1327151.jpg



『ファンタスティック・Mr.FOX 』(2009)
ウェス初のストップモーションアニメ。キツネの家族が人間と戦っちゃうお話で、原作は「夢のチョコレート工場」のロアルド・ダール、ちょっとブラックユーモアが効いていてウェスらしい話です。今までの実写映画に比べると、ストーリーそのものはいまいちですが、とにかく映像だけで楽しめます。キツネやその他の動物達がかわいすぎます…。

b0112607_13132482.jpg

b0112607_13132297.jpg




そして公開を控えている『ムーンライズ・キングダム』

b0112607_13205570.jpg


このポスター、ほしいです…
今回はボーイスカウトの少年が主人公で、駆け落ち?家出?しちゃうとか?髪を盛ってるブルース・ウィルスに、エドワード・ノートン、そしてビル・マーレイ!楽しみすぎます。観たらまたこのブログに書きます!面白いといいな…。
[PR]
# by pop-cult | 2013-02-06 13:28 | 外国の映画
最近見た映画の中で印象的だった2本「永遠の僕たち」と「少年は残酷な弓を射る」
似ている映画ではないけれど、2本とも若い少年が主人公ということで。


【永遠の僕たち】
ガス・ヴァン・サント監督作品。幼い頃に両親を亡くし、日本人の特攻隊の幽霊“ヒロシ”だけが友達の少年イーノック。趣味は赤の他人の葬式に紛れ込むこと。そんな彼が、不治の病で余命が3ヶ月と言われている少女アナベルと出会い、二人のとても切ない恋の話です。
世間の評価はどうだったのか分からないけど、私はなんだか好きな映画でした。
元々、病気で死んじゃうって分かってる映画自体が苦手であまり見ないようにしているけど、たまたま観たこれは、重くなりすぎずに観られて、少し温かい気持ちにもなれたのでよかったです。

イーノックとアナベルは変わり者同士で二人だけの空気をもっていて、そんな二人のやり取りがとても微笑ましく、切なくもあります。変わった二人だけど、なぜか妙なリアリティも感じられる所がよかったです。

そういえばリアリティが感じられないくらいアナベル(ミア・ワシコウスカ)の服がかわいすぎるのも見所のひとつです。
加瀬亮好きも必見です(ファンはもう観てるか?)もし私が日本人俳優をやっていたら、ガス・ヴァン・サントのこんな作品のこんな役で出られたら感無量です。とても素敵な役です。しかし彼は英語が上手すぎて何者かと思いました。COCO塾?

ちなみにイーノック役の少年はデニス・ホッパーの息子らしいです…!最近自分の中だけで流行っている「ハリウッド版エヴァンゲリオン(実写)」の妄想キャスティングで、シンジ役は今の所、彼ヘンリー・ホッパーにオファーを入れています。

b0112607_0341053.jpg

b0112607_0341299.jpg

b0112607_0341879.jpg



【少年は残酷な弓を射る】
どういうわけか、母親に全くなつかない息子。小さい頃から敵意を母親だけに向けていて、母親をあらゆる手を使って苦しめる息子。そんな息子がある日人を殺してしまう。そんな時は母は…?
というような、重苦しい題材の映画です。

母親の目線でかかれていて、現代と過去が行き来します。最初「ん?」となりながらも、難解映画というわけではありません。映像や撮り方、編集もかなりこだわっている映画でただのサスペンスとも言い切れない謎の深みがありました。

母親役のティルダ・スウィントンははまり役でした。「ナルニア国物語」の氷の女王役も、「コンスタンティン」での天使?役も似合っていましたが、こういう疲れた母親役もここまでハマるとは、流石女優。
息子役の少年も、とにかく顔が恐い!オールウェイズ反抗期というか、もはや母親いじめみたいになっているのですが、この少年のこの顔にはリアリティありました…。役作りでそう見えるのか、彼の目は、人殺しの目でした… 役者ってすごい。
今思いついたけど、エヴァのカヲル君役に、彼でも良いかも。ミステリアスな美男子ということで…。
とにかく、淡々と進む映画ですが緊張が途切れません。結構色々とグロいのでそういうの苦手な人は避けた方がいいです。しばらく考えさせられる題材ですが、面白かったです。

b0112607_0581336.jpg

b0112607_058168.jpg

b0112607_0581562.jpg


2本とも観終わって、明るい気持ちになれる映画ではないけれど、心に何か残してくれる映画です。おすすめです。
[PR]
# by pop-cult | 2013-01-31 01:02 | 外国の映画