アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox
私が「最近エイドリアン・ブロディが好きなんだよねー」と言うと、大抵「え?あの微妙な人?」みたいなリアクションが返ってきます。たまに「いいよね!」と、のってくれる少数派もいますが、だいたいは「だれ?」とか「エアピアノの人だっけ?(←うまい)」と知名度も人気もいまいちな感じ。でも、ニコラス・ケイジがセクシーと言われたり、SMAPにつよしがいるこの世界で、困り顔で鷲鼻のハリウッドスターが好きな24才がいても全く不思議ではないのです。
キーラ・ナイトレイと共演した「ジャケット」を見て以来とても気になっている存在です。アカデミー賞の主演男優賞をとった「戦場のピアニスト」よりだいぶ最近の映画です。私は、最近ハリーポッターにはまりだしたり、世間のブームが去ってからしばらくして一人でブームになるという独自のサイクルがあるようです。

とにかくそれからエイドリアン・ブロディが出演してる映画を調べました!彼は実はかなりたくさんの映画に出てて、映画も役柄も多種多様。気になった監督の映画を続けて観ることはあるけど、俳優でみたことほとんどないので、改めていろんな人がいろんな映画を作ってるんだなぁ〜、エイドリアンもいろんな経験をしてきたんだなぁ〜と当たり前なことをしみじみと感じました。そこでもうひとつ感じたことがあります。[外国の映画が日本にきている]ということについてです。

まずは「ダミー」
あらすじは、恋愛に臆病な若者(エイドリアン)が腹話術師に転職しようと、訪れた職業安定所で働いていた女性に恋をする[コメディ]映画。それなのになぜかサスペンスの棚でDVDを発見。手にとって驚いたのはジャケットの怖さ。ホラー映画を思わせる写真と配色。あれ?と思いつつ観てみてもやっぱりコメディ。最後は盛り上がりに欠けるけど、エイドリアンのキャラはなかなか笑えました!けどこのジャケットはどう考えてもおかしい。裏に一体どんな大人の事情があったのだろうか?それに『ミラ・ジョヴォヴィッチの新作!』みたいな売り方してるし(彼女は完全に脇役)ホラーと思って、もしくはミラ好きで観てみた人たちはがっかりすると思います…。

そして「歌う大走査線」
このタイトルで「面白そうだな〜」なんて思う人はまずいない。借りるのに躊躇したけど思いきって借りてみたら、これが意外と面白い!!エイドリアンの出番はあまりなかったけど、今までにないタイプの映画を作ろうと必死な監督の意図が私には伝ってきました!(評価はいまいちみたいだけど私は好きでした)でもこのタイトルはないだろう。原題を直訳しても「歌っている探偵」だから難しかったのかもしれないが…。

あと「ラヴ・ザ・ハードウェイ 〜疑惑の男〜」
最後の「疑惑の男」って…。一気にB級感を与えてくれる不思議な力を持ったサブタイトル。DVDの裏のストーリーの文も「詐欺で生計を立てている主人公(エイドリアン)は人を信じられなかったが、1人の少女と出会って徐々に心を開いていく…」みたいな文で、そんなストーリーの映画やドラマはこの世に10248本くらい存在しています(その内613本は韓国という話も)でも観てみるとそこまで単純でもなく、一応飽きることなく最後まで観れました。

私が気付いたのはたまたまこの3本だけど、世の中には制作者(監督)の意図を無視したジャケットや邦題が沢山存在しているのです。私は映画を観るのは、制作者の心の中を覗くようなものとも思っているので、その表現を邪魔する、もしくは壊すようなジャケット、タイトルは訴えたいくらい嫌です。監督達に失礼だと思います!!
どうせなら憤りが一周して笑いに変わるくらいの、日本映画と間違うような、ものすごいギャップがあるものとか作っていただきたいです。きっとほんとに訴えられるから…。

b0112607_23431979.jpg
b0112607_23432891.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2007-07-29 23:24 | 外国の映画
不死鳥の騎士団!観てきましたー!!!

面白かったー!!おすぎじゃないけど、今までそれほどいいとは思ってなかったけど、今回観て見方が変わりました!いい!ハリーポッター!今さら気付いてごめんなさい!

今までの4作は、、
「賢者の石」は、最初ということもあって「こんな雰囲気なんだ〜」って気持ちと、可愛いのに意外と怖いところもあるのねーくらいの印象でした。
「秘密の部屋」は、人の名前はうろ覚え、途中ちょっと眠気に襲われつつ、後半、意外と話が深いのか…?と5分の3くらい内容を理解して終了。
「アズカバンの囚人」は、時間のトリックとか、最初の激しいバスとか、ゲイリーオールドマンとか、私のツボも揃ってたし、全体的にテンポがよく感じ、1と2より好きでした!マグル(人間)が知らない単語が入ってるタイトルもミステリアスでいい。ロンの服もかわいい!
しかし「炎のゴブレット」は前作に比べると、とにかく画面が暗い。美術が地味。今まではちょっとしたシーンをとっても背景にかわいらしい植物とかちらっと写ってたり、そーゆーのがハリーポッターの良さだったのに。迷路のシーンも可愛さゼロ。廊下の絵も動かないし。内容を考慮した結果かもしれないけど、手抜きに感じる場所も少し。それにロンとハーマイオニーが喧嘩っぽくなるシーンとかも重要ではないけど寂しくて。全体的に寂しい悲しい空気に感じました。

でもでも、「不死鳥の騎士団」は暗いのに最高傑作!!今までで一番ディープな内容にもかかわらず、どんなに辛い状況でも戦っていくハリーたちのエネルギーに感動してしまいました!!
新しいおばちゃん先生も、ピンクづくめでかわいいのに、性格は信じられないくらい悪くてそのギャップにまずやられました。不思議少女ルーナもかなりいい味出してるし、ロンのお兄ちゃんたちもはじけすぎ。シリウスやらルーピン先生も再び登場して、今回登場人物が多い多い!でもそこがまた良かった!それでもまとまりはあるし、全く飽きることありません。私が気になっているロンとハーマイオニーの関係も、なんとなくいい雰囲気のシーンがあったし。ハリーが少々老けてたって気になりません!あれ以上幼かったらキスシーン嫌だし。どんどん心が病んでいくハリーの演技もすごかった。痛みが伝わってくる感じでした。
前回いまいちに感じた美術の面でも今回は大満足。シリウスの部屋のファミリーツリーとピンクづくめの部屋がとくに素敵!暗いシーンが多くても、シーンごとにメリハリのあるセットで、ファンタジー映画の美術はこうあるべき!と思いました。最後は思わず涙がでてしまう出来事があるけど。。

テンションが上がりすぎて、映画館に売ってたハリークッキー買ったらパッケージも可愛すぎ。そして今さらながら原作本も購入し(ブックオフで100円)ポッタリアに少しずつ近づいているのでした…。


b0112607_0302270.jpg
b0112607_0303610.jpg
b0112607_0304781.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2007-07-27 00:31 | ファンタジー映画
今回は内容とは直接関係ない、ちらっと裏の話です。ほんとにすこーし。

私はbabelが日本での撮影の時に、約1ヶ月間、装飾応援として参加しました。
その時私は大学4年生で、映画に関わる仕事を探していました。その一環で映画やCMの装飾の会社に面接に行きました。その会社の人がbabelの準備をちょうど始めた頃で、運良く私はbabelに参加したのです。(一昨年の話で、その会社には去年までいました)

最初に渡されたのが、台本と、ムーラン・ルージュ!のアートブック!!
babelの美術監督はムーラン・ルージュ!でアカデミー賞の美術賞をとったこともあるブリジット・ブロシュだったからです。台本を読んだら、ルーラン・ルージュ!とbabelは全然雰囲気が違う映画だったので、どんな美術になるのか最初は全く想像出来なかったけど、アートブックを見ながらこんな素晴らしい人と仕事ができるのは最高だなと思いました。実際に一度お会いした時もとても感じよく挨拶をしてくれて気さくな人でした。怖くなくてよかった…。

bableは国ごとにイメージカラーがあって、日本はマゼンダでした。
なのでチエコ(菊地凛子)の部屋は全体的にピンクだし、髪にもピンクのハイライトが入っています。他のシーンもよく観察していると所々にマゼンダやピンクが使われています。

私の仕事は、日本のシーンに出てくるポスターやチラシなどを制作することがメインでした。
J-POPカフェのキャラクターも描いて、そのキャラクターを使ったポスターも作りました。キャラは監督が「触角があるようなキャラ」と言っていたのと、私の上司が「JーPOPって字を使ってみたら?」とアドバイスをくれて、描きました。
外国人が、日本に求めているものと言ったら、やっぱり「アニメ」!
私はドラゴンボールを参考にこのキャラを描きました(目がゴクウなのね)
あと、バレーボール大会のポスターにもアニメを使いました(ほとんど写ってなかったけど…)
そうそう、アニメといえば、実はチエコ達がナンパされるシーンのJ-POPカフェの奥(ゲーム機があるところ)にも、フィギュアをいっぱい飾ってたんです!!高さ30cm以上ある綾波レイとか。日本って外人から見たらやっぱり侍かオタクなのかな…いいけどね。でもカフェで寿司はないだろう。唯一私が参加できた現場のJ-POPカフェのリハーサルの時、うどんがつゆを吸っちゃって、後から足したら「とろろ」が生き返ったりしてました…。とは言っても、J-POPカフェ自体異様な空間だったので、それほど気になりませんでした。監督はどうしてもあそこで日本食を使いたかったらしいし。

でも私としては、そこまで美術や装飾にこだわっている映画なのだから、もう少しそれが分かるような見せ方にしてもよかったのにと少し残念に思いました。やっぱりそれはスタッフの欲なのかな。細部までこだわっていても、一番大事なのはメッセージだから、それが伝わるようにハンディみたいな撮り方なのかな〜と思いました。(ちなみに私はクラブのシーンじゃなくて、最初から全体的に揺れてるあの映像全部に酔いました…よみがえるブレアウィッチ・プロジェクトの悪夢…あの映画も酔った)

そんな下っ端スタッフの小さな喜びを見つけました。映画の写真集に載っていた派手派手ソファー。これは同期だった子と二人で、白いソファーにこの派手なフェイクファーを貼って作ったものなんです!両面テープ使って…。写真集に載せてくれた人ありがとう!!
そして、もしあのシーンであのソファーにいるように指示されていたエキストラさんがみていたとしたら、ま、見てないだろうが、あの時「これ剥がれるかもしれないので、やさしく座って下さい」と言ったのは私です。
映画の裏ってほんっとに地味なものですね。
b0112607_23543581.jpg
b0112607_23571593.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2007-07-21 23:53 | 外国の映画
今敏監督の独特な世界観が好きです。大学生のころ映画館でバイトしていた時に、「東京ゴッドファーザーズ」が上映されることになり、試写を観ました。
もう絶対ないこと続きの映画なんだけど楽しくて楽しくて!!それをきっかけに今敏監督の映画を観ていきました。
私は、評価が高い「千年女優」ももちろん素敵だったけど、「パーフェクトブルー」の無気味な感じがなんか心にべっとりこびりついて好きでした。主人公の幻覚がベランダから飛んで行くシーンは何度か夢に出て来たほど。(ちなみに「妄想代理人」はタイトルとオープニングだけは最高でした)

一番新しい「パプリカ」これがほんとに私が待ってた今敏映画でした!今敏映画は幻覚とか夢の表現がうまい!!自分が寝て見た夢が面白すぎて映像化できたらなーってよく妄想するけど、それをうまく映像化してて天才だと思いました。

パプリカは簡単に言うと人の夢の中に入って、その人の悩みとか深層心理を探る話だけど、その設定は「ザ・セル」も少し似てるかなと思いました。セルも好きな映画の一つだけど、セルの場合は人の頭の中に入る話。その頭の中の映像が凄くきれい。でもパプリカと比べると、設定がもっと現実的。頭の中の映像だけは幻想的で、現実は現実。
パプリカが凄いのは、夢が現実に漏れてきてしまうところ。また主人公とパプリカの1人2役のような二重人格のような斬新な設定、人が人の夢を操ってしまう恐ろしさ、そんな所にあるのではないかと思いました。

「これツジツマ合わなくないか?」とか「どういうこと?」と思わせるギリギリ一歩手前のような設定。でも確実に面白い。それに展開の早さ、テンポのよさ、存在感のある音楽、細部にこだわった美術(物が多くてやけにリアルだったり)、そこに味のあるおやじがさらに加わる。エンターテイメントでもありアートでもある今敏映画。
また新作が楽しみです!
b0112607_22491655.jpg
b0112607_22494595.jpg
b0112607_22495862.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2007-07-16 22:53 | アニメーション
誰にでも、自分にとって特別な存在の映画っていくつかあるものかな?と思うけど、私にとって特別な存在の一つが、ロード・オブ・ザ・リングです。

ロード〜を知ったきっかけが、祖父が原作を読んでいたことでした。私の祖父は、お腹が出てて足が細くて、白髪を小さく結んでいるアメリカ人で、戦争で日本に来て以来、国に帰ったことなどなく、それどころか、めったに車や電車にのりません。遠出が嫌いで、近くで経営する英語塾に行ったり、公園を散歩したり、石やカラスの羽根や蝉の抜け殻拾ってきたり、レゴを作ったり、折り紙折ったり、本を読んだりしてました。
熱心に指輪物語を読んでいた姿をよく覚えています。「え?指輪物語って、指輪を捨てるんだ?探すんじゃなくて?」みたいな会話をした記憶もあります。
ロード〜が映画化されると知って、祖父を誘ってレイトショーで近所の映画館に見に行くことになって、一緒に映画館に行くなんて始めてて凄く嬉しい出来事でした。
観る前はチラシを祖父に渡しに行ったり、祖父が昔録画していたアニメの「指輪物語」のビデオを借りて予習したり、ちいさなイベントになってました。

レイトショーだったこともあって、父と母は途中寝たと言っていたけど、私はかなり感動して興奮状態で、なんだか凄いものに出会ってしまった気持ちになりました。
祖父も原作の雰囲気と合っているとなかなか満足の様子。それをみて私も満足。
私は映画そのものの内容と祖父と一緒に観たという二つに感動して、特別な気持ちになったんだと思います。

二つの塔も同じメンバーでレイトショーを観に行って、私はガンダルフが姿を現す度に号泣しました。それにファラミアもかっこよくて心を奪われました。
その後祖父は王の帰還の公開より前に突然死にました。

王の帰還は3人で観にいきました。旅の仲間、二つの塔ときて、王の帰還に対する私の期待はかなりのものでしたが、その出来は裏切ることは全くなく、期待以上の最高傑作でした。
一番最後、指輪を捨てて普通そこで終りそうなものが、この映画の本当に凄い所はその後だと私は思います。癒されない傷もあるなんて、そんな終わり方のファンタジーなんて他にないと思います。私はその終わりのシーンが祖父の死と重なって、はじめて味わう種類の悲しい気持ちになりました。
でもその悲しいって?空しいでもない。会いたいでも足りない。自分の心が激しく動いた時って、言葉にならない。この映画をみて本当に心から感動した時も、言葉では表せないものなんだなって、その時私は知りました。

DVDになってから、ロード〜を私は何回も何回もみました。何回も観ていると、感動するシーンがその度に変化します。ストーリーはもちろん、役者の表情だったり、有り得ないくらい細部にこだわった美術だったり。監督のコメンタリーを聞いても、ものづくりに対する熱い気持ちにも脱帽し、同時に私もやる気が湧いてきたのを覚えています。
でもやっぱりこの映画の感動を言葉にするのは難しい。最高!とかやばい!とか書いても書いてもまだ足りない感じがする。大袈裟に聞こえると思うけど、この映画から沸き上がる熱?力?を言葉にはできない。
祖父が死んだことも言葉にはできない。祖父が大好きだったけど、そのことを母に言おうとしてもうまく出来ない。
ロード〜は私に、言葉にならない感情があるということを教えてくれたのかなと思っています。ちょっと人生観が変わるようなことを教えてくれる映画はそんなに出会えるものではないです。


くどくどと暗い話を書いてしまったけど、観る度に重い気持ちになってるわけではありません!!それでも私は楽観的な人間です。

ついこの間、近所の古本とおもちゃを置いてる店で、何とミナス・ティリス(王の帰還に登場するゴンドールの首都)の置き物を見つけて買いました!!!かっこよすぎる。
後から気付いたら、それは底が開けられるように出来ていて、小物入れになってました!早速母に「私がママより先に死んだら、このミナス・ティリスに骨入れてね」と頼んでおきました。うーん。

b0112607_084787.jpg
b0112607_095172.jpg
b0112607_0103358.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2007-07-15 23:58 | ファンタジー映画
フランス人のセドリック・クラピッシュ監督の映画がすごく好きです。
フランス映画が特別に好きなわけではないけど、この監督の映画だけはハマって全部見てみました。「フランス映画=お洒落で難解」って、私の勝手なイメージを壊してくれました。

最初の出合いは、テレビで『パリの確率』を見かけて、天井から砂が降ってるし、なんだこれは!?って気になって見てみたら面白くて。主役のロマン・デュリスのかっこよさも手伝って(?)他の作品もみるしかないとどんどん見ていきました。
そーいえば、ロマン・デュリスは美大生のころ、クラピッシュ監督たちが『青春シンドローム』のキャストを探していて、街でスカウトされたことがきっかけで俳優になったらしい。すごい出会いだ!!

なんと言っても一番好きなのは『猫が行方不明』です。
大きな事件があるわけでもなく、全体的にはたんたんとした内容だけど、ブラックな笑い(多め)と温かい笑い(少なめ)があって、最後は「探していた物は案外身近にあるのかも!」というような意外に深いメッセージがあったりして。
登場人物はみんな何かしらクセがあって、いちいち言動が面白い。私が映画を見た時に気になるものの一つが「脇役のセンス」だけど、この監督の作品は主役がいないと言っても過言ではないんじゃないかな。とにかく人の描き方が最高。
『スパニッシュ・アパートメント』も『ロシアン・ドールズ』も『百貨店大百科』も主役を取り巻く周りの面白さが光ってます。もちろん主役も最高におかしいんだけど。

あと、この監督の映画を観てると、全体的に「街」にインスピレーションを感じて作ってるのかな?と思います。「街」と「自分(主人公)の周りの人たち」がいつも作品の「核」になってるのかなと。
私もよく街とか人の絵を描きます。自分が住んでいる街、友達や家族、街で見かけた人、そういったものからインスピレーションをうけます。それはとくに綺麗だったとか、楽しかったとか特別なことじゃなくて、ただの毎日なんだけど、気がつくと自分に染み込んでる感覚だったり、見慣れてしまってるけどほんとはおかしなことだったり。もう理解したつもりになってる人のちょっとした言動に驚いたり。そういう日常の小さな「!?」に焦点を当てて作品を作ることが多いです。クラピッシュ映画を観ていると、そんな自分の作品との共通点を感じます。

またこの監督が凄いのは、例え笑えない日常でも笑ってしまおう的な精神が色濃くでてるんです。ただのコメディ映画とは思ったら間違い。生きて行く上で勉強になってたりします。

場所は「パリ」と「東京」で全然違うけど、人間もフランス人と日本人で遠いけど、視点に共通点を見つけたセドリック・クラピッシュ映画。大好きです。
b0112607_22494410.jpg
b0112607_21331350.jpg
b0112607_21332730.jpg

[PR]
# by pop-cult | 2007-07-11 22:53 | 外国の映画
はじめまして!

今、私は自分の作品を紹介する為のHPを制作中です。
友人のテキスタイルデザイナー、アーティストのカワタミキちゃんが素敵なHPを作ってくれています。ありがたいことです。

このブログは、そのHPの一部としてブログを書こう!でもただの日記はきっと面白くかけない。9割が映画の話になってしまう…。じゃ、もう、映画ブログにしよう!と思ったのがきっかけです。

もし、見知らぬ映画好きの人がこのブログを読んでくれて、少しでも好きな映画が一緒だったりしたら、作品も見てもらえるのでは?という小さな期待を胸に…
下手な文章で書きます!!!


私は絵を書いたり、なにか作品を作る時に、映画からヒントをもらってることがとても多いです。
作品作りじゃなくても、とにかくよく映画を観ては、そこから何か感じとること、学ぶことが多いです。映画が好きな人はみんなそうだと思います。
なので、このブログは私が見た映画について、どう感じたか、何を学んだか、等々、書いていこうと思っています。そして勝手に分析したり。とは書いてみましたが、ただの感想文になってるかもしれないのでそこは大目にみてください…!
[PR]
# by pop-cult | 2007-07-09 14:54 | ♡プラバンアクセサリーetc.♡