アクセサリー作家でちょっと映画オタクな大竹真奈実のブログです。ファンタジー、妄想系映画多め。制作しているプラバン+ビーズ刺繍のアクセサリーのことやSCHOLE活動日記も。

by ohtake-j-fox

タグ:アート ( 9 ) タグの人気記事

ディズニーアニメの代表的な作品「ファンタジア」を観ました。これは映画というよりミュージックビデオ、でもミュージックビデオっていうよりもっともっとアートな映像です。クラシック音楽に合わせてディズニー特有の緩やかなフォルムのアニメーションが、音のストーリーに合わせて展開していきます。…と、書いてみたものの、うまく説明できないのですが、言葉のないクラシックに、こんな壮大なストーリーがあるものかと、とにかく作曲家の想像力と表現力に驚かされました。ディズニーの発想力にもやはり感心したし、アメリカで公開されたのは1940年というのだから、そんな昔にこの完成度は襲撃です。クラシックをあまり聞かない私にはちょっと早すぎたかもしれませんが、歴史に名を刻む映画は、時間が経とうがパワーは衰えぬ!といった感じです。

先月SCHOLEメンバーと見てきた「メアリー・ブレア展」でのコンセプトアートを見ていても、同じことを感じました。ファンタジア以外にも、ピーターパンや、イッツ・ア・スモールワールドが特に素晴らしかったです。あの空間にいるだけで幸せになれました。時間があったらもう一度見に行きたいくらいです。


そもそも、「ファンタジア」を観てみようと思ったきっかけは、ACIDMANの7枚目のアルバム「A beautiful greed」に収録されている「ファンタジア」という曲が大好きだったからです。ACIDMANの歌詞はいつも感覚的に受け止めているから、深いところまで完全には分からないけど、そのストーリーに込められているささやかだけど大事なメッセージを読み取るのが好きです。「ファンタジア」には月の頭をした老人がストーリーテラー的な感じで登場して、曲調はキラキラしていてあたたかいけど、どこか死を感じさせる切ない内容です。(←もちろん私独自の解釈ですが)

1枚目のアルバムからずっと好きで聴き続けていますが、実は7枚目にして一番好きなアルバムです。アーティスト写真の衣装も、Tシャツよりスーツの方が音楽性に合っていると思うし、ジャケットもキリム(トルコの織物)を使っていて、色も赤っていう強い色を使ったのが意外でとくに気に入りました。欲望(greed)=熱を感じる赤、美しい(beautiful )=織られたキリムのあたたかみと糸の繊細さという雰囲気が出ていて、中身だけではなくてビジュアル面でもとても好きなんです。案外大切。
歌詞にジャケットに魅力は沢山あるけど、一番の魅力は相変わらずの凝ったアレンジで、歌詞だけではなく、曲の展開そのものにストーリーを感じます。一曲一曲がショートフィルムのよう。


先月発売のベースマガジン9月号がACIDMANのベースの佐藤さんが表紙ということで、ベースの専門知識ゼロだけど、佐藤さんの話はしっかり読みたくて購入してみたのですが、やっぱり彼の話は興味深かったです。「曲に対して(ベースの)フレーズを良しとするOKラインは始めから終わりまでの良いストーリーが出来上がってから」という話と、「(ベースで)ひとつの短編映画みたいなストーリーを作るっていうのが理想」という話を読んで妙に納得しました。佐藤さんならではの発想が素敵です。そういう意識が音に反映されているだなあ、と。

ちなみに佐藤さんが作ったというインストの「ucess」という曲のPVがあるのですが、これもかなりファンタジーな世界観で驚きました。油絵っぽい質のアニメーションで、登場するモチーフが鍵、女の子(っていうか歯茎)、鳥かご(羽が生えているように見える)、森など、可愛いんだけど、映像は常に煙が立ちこめていたりややブラックな雰囲気で、私の大好物でした!

ひとつの記事に詰め込みまくりですが、ディズニーの「ファンタジア」、現代美術館の「メアリー・ブレア展」、ACIDMANの7枚目のアルバム「a beautiful greed」と、「ucess」のPVが収録されているDVD「scene of “a beautiful greed ”」、とてもとてもおすすめです。
暴走の長文をおつきあいくださって、ありがとうございました。
b0112607_23172378.jpg
b0112607_23174039.jpg
b0112607_23175126.jpg

[PR]
by pop-cult | 2009-09-09 23:31 | 主にACIDMAN(音楽・ライブ )
ジョイ・ディヴィジョンのヴォーカリスト、イアン・カーティスは、23歳という若さで自ら命を絶ったという人物です。「コントロール」はそんな彼の人生をストレートに表現した映画でした。

「24アワーパーティーピープル」という映画のサントラが大好きで、その中でもジョイ・ディヴィジョンとニュー・オーダーは格別で繰り返し聴いていました。彼らのことはリアルタイムでは知らなったのですが、ニュー・オーダーの「Blue Monday」という曲はイアン・カーティスの自殺についての歌だったということも知って、大好きな曲がどのように生まれたのかということと、イアン・カーティスという存在が気になりはじめました。
本当は「自殺したロックスター」なんて絵になりすぎていて、自殺がどこか美化されていて好きではない題材なのですが、元々は顔も国籍も知らないまま聴いていた音楽が、どんな人物から生まれたものなのかを知るのは面白いかもしれないと、深く考えずにみてみることにしました。

とにかくシンプルな映画だと感じました。自殺を美化した映画ではありません。自殺は自殺。誰も幸せにならないし、男の美学でもないし、絵にもならないものです。ただ彼は自分をコントロールできずに苦しくなって、周りも傷つけて、そんな自分に辛くなって最後の糸が切れてしまったということでした。ロックスターというより、普通の人間として描かれていたように感じます。ドキュメンタリー映画が「本物の映像を使って、ある答えに導かせようとして作られた映画」だとしたら、この映画は「本物の出来事に真似て作った映像で、自由に解釈させようとする映画」だと思いました。同時に二人の女性を愛してしまったり、急にステージに立てなくなってしまったり、自分で自分の行動が理解できなかったり…。若い表現者特有の痛さがそのまま表れていて、少し辛い気持ちになりましたが、映画としてまっすぐなところが好きでした。嘘や押し付けがましさが無かったです。モノクロという所も、「色はこの映画には必要ない要素として省いた」という意図に感じられてよかったです。

モノクロと言えば、この映画のチラシがとにかく普通でかっこいいんです。白と黒とそこに鮮やかな一色が入るだけで絶対かっこ良くなるという魔法の法則だと思います。色の組み合わせも、構成もロゴも、新しいことはしていないけど王道のかっこよさで、逆にプロっぽさを感じます。森山大道みたいなザラっとした写真の質感もいいし、実はこの映画を観ようと思った理由の40%はこのチラシだったりします。
そんなわけで自分の名刺のデザインもモノクロでかっこいいやつ作ってしまおうと久々にイラレ開きました。しかし何パターン作ってもいいものが出来なくて、絶対かっこ良くなる法則は私には関係ないということが分かりましたとさ。


ニュー・オーダーもジョイ・ディヴィジョンもいいけど、ACIDMANの新曲「CARVE WITH THE SENSE」激しくて良いです(音楽つながりで無理矢理)一緒に叫びたいです。錦戸くんももう聴いたかな?彼は「ACIDMANをパクるほど好き」という方向で解釈させてもらった私にとっては、もうファミリーです。

b0112607_23544476.jpg
b0112607_23545747.jpg
b0112607_2355568.jpg

[PR]
by pop-cult | 2009-02-13 23:58 | 外国の映画
私が働いているギャラリーで、少し前にサヴィニャック展をやっていました。
サヴィニャックはフランスのポスター作家で、日本でも大人気で、彼の絵は誰もがみたことあると思います。いろんなところでポスターやポストカードを見掛けます。

今回はそんな彼のオリジナルポスター(当時刷られたもの!)をコレクションしているギャラリーの方が企画の展示で、オーナーさんはサヴィニャックことなら何でも知ってると言っても過言ではない、とても素敵なおじさまです。作品1つ1つのバックグランド(?)を本当に面白く教えてくれるので、どんどんサヴィニャックが好きになりました。

その中でも、サヴィニャックが仕事ではなくプライベートで友達に毎年送っていたというクリスマスカードの絵柄を使用した額がすごくかわいくて、思わず初日に購入しました!これはオリジナルではなくて作り直したものなので値段も手頃で、プレゼントとして買っていかれるお客さんも結構いました。5種類あった中で悩みに悩んで結局「サンタがタイムカードを押してる」ものにしました。無表情なサンタがいい。絵自体は優しい雰囲気だけど、意外と内容はシュールだったり笑いがあったりするところがサヴィニャックの魅力だと思います。

それから、来年の1月に発売されるというサヴィニャックパッケージのチョコレートをいただきました!これは、森永製菓が前から昔のポスターを使用したパッケージで出したいと企画していたことがついに実現してたもの。発売前に森永の人がオーナーさんに持ってきてくれたものをもらっちゃいました。ギャラリーで働いてるとたまにはいいこともあります。サヴィニャックが描いたチョコレートってほんとにおいしそうに見えるし、実際に森永のチョコも素朴な味でおいしいです。今まで「ロッテのガーナ派」なんて言っててごめんって思いました。
来年の1月にコンビニやスーパーで売り出されるらしいので、見掛けた方は買ってみてください!

b0112607_9225769.jpg
b0112607_9231035.jpg

[PR]
by pop-cult | 2008-12-03 09:28 | アート・おもちゃ etc.
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」観てきました。仕事が思ってたより早く終わったので、急に思い立って渋谷のアミューズCQNへ。(2〜3週間前ですが…)
予告を観たときから「なんだこれは!?」って頭にこびりついてて、それにダニエル・デイ=ルイスの演技が気になって、もう観るしかないと前から思ってはいたので、遅くなったけど行ってきました。

なんとも独特な空気の映画でした。ストーリーは簡単にいうと、石油を掘って一獲千金を目指す男の話です。プログラムには「欲望のモンスターと化した石油王の破滅的人生」と書いてありました。男の人格、生き方、周りの人間、すべてがどす黒くて、絶望的な物語でした。でもこの映画は観終ったときに、頭が鈍く痛むけど、変な爽やかさも感じられて、私にとっては新しい感覚の映画でした。(新しいと言っても、同じくポール・トーマス・アンダーソン監督の「ブギーナイツ」は、やはり後味が似ていたような気もします)

やっぱり主人公のダニエル・デイ=ルイスは抜群の存在感で、最初から彼の謎の魅力にやられました。監督が「主人公が彼じゃなかったら、この映画は作らない」と言ったのも深く頷けました。それにあのカリスマ牧師のポール・ダノ!勘違いして自分が一番正しいと思い込んでいる人間ほど気味が悪いものはないって、彼を観ていてゾッとしながら思いました。狂ってます。

でも、そこに関しては観る前から期待していたことでした。話もちょっとだけホラー的な要素も感じられてすごく面白くて、そこも期待どおりという感じでした。

だけど予想も期待もしていなかった部分に意外と感動しました。
ダニエル・デイ=ルイスがアカデミー賞の主演男優賞を取ったというのは知っていたけど、撮影賞までとっていたとは知らないで観ていました。たしかに印象的な写し方をするなと感じて、うまく説明出来ないけど、不安を煽るようなカメラの動き方だし、とにかくどのカットも斬新でした。

音楽もかなり主張してくる映画だなって感じながら観ていたら、レディオヘッドのギタリストであるグリーンウッドが担当していたようでした。たまに音楽の主張が激しすぎて、しかもズレてると「このシーンにこの曲!?なし!なし!」ってイエローカードを出したくなるような時ってあるけど、この映画の場合はその激しい主張が常にすごく面白くて、私は好きでした。きっと好き嫌いが別れるような音楽だったけど、良い意味で音楽が馴染んでなくて、ちゃんとそのシーンをつくる大きな要素になっていました。

あとは一番印象に残っている、一番最後のボーリング場(豪邸)のシーン。突然映画が終って、いきなりのエンドロール。あれは私にとってはキューブリックの「時計じかけのオレンジ」と同じくらいかっこよすぎる終り方でした。映画のタイトルのロゴもかっこよすぎます。

期待も予想もしていなかったけど、この映画ってかなりアートなんです。気がつくとポール・トーマス・アンダーソン監督の映画は結構観ていて、しかも振り返るとどれも結構好きだったんですが、今まで「これはアートだ!!」って感じたものはなかったんです。多分、ストーリー展開とか登場人物の個性が激しすぎて、見逃していたのかもしれないです。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、もちろんいつものようにストーリー展開も登場人物も刺激的だけど、観終ったときに感じた謎の爽快感は、監督の頭の中にきっと「ただ人間のグロテスクな部分だけを表現したわけではない、これはアート作品でもある」って意志があったからではないかって、勝手に分析したわけです。

そんなポール・トーマス・アンダーソン監督の夢は「台詞をすべて排除して映像と音楽だけで映画をつくること」らしいです。そんな映画って相当かっこよさそうだし、やっぱりアート的な考え方だなって思いました。絶対観たい。これから更に注目の監督です。
b0112607_0324390.jpg
b0112607_0341072.jpg
b0112607_0343530.jpg

[PR]
by pop-cult | 2008-05-28 00:35 | 外国の映画

『NUNO展』のお知らせ!

新宿のアートコンプレックス・センターという所で、ポーチの販売をしています。下の写真がそれです。イラストとか写真のコラージュでパターンを作って、それをプリントした布を使って作りました!

アートコンプレックス・センターは、五つのギャラリーとホールギャラリーの他に、カフェとアートショップもあるので、展示以外も楽しめてちょっと素敵な場所です。新宿と言っても、最寄り駅の四谷三丁目駅から少し歩くので静かで落ち着きます。
地下のホールでやっていた展示がかっこよかった!ライブペインティングの映像とか。
新宿からも(散歩好きな人には)歩ける距離だったので、新宿に行ったらぜひ見てみてください〜。


『NUNO展』 4/29(火)〜5/11(日)
11:00〜20:00(最終日は18:00まで) ※5/5(月)は休廊
http://www.gallercomplex.com/
b0112607_1119528.jpg

[PR]
by pop-cult | 2008-05-05 11:23 | ♡プラバンアクセサリーetc.♡
なぜか目が離せなくなってしまい購入した絵があります。ボタニカルアートっていうらしい昔の博物画です。1849年、フランスのシャール・オルビニーという人が『自然科学史』という本の挿し絵で描いていたものみたいです。石版に後から手彩色しています。古いものだし手彩色だし、この爽やかさのかけらもないイルカ…。不思議な魅力を感じてしまい、何ヶ月か前に購入して、まだ額は捜せずにいます。

この絵を見てると思い出すのがカレル・ゼマンの「悪魔の発明」って映画です。カレル・ゼマンは、チェコのアニメーション作家で、全然詳しくないんだけど、前に何本か見たことがあります。彼は映画をたくさん撮ってるみたいだけど、どれも手法が様々でコマ撮りのアニメやら、実写とアニメが混ざったものやら、切り絵だったり、表現の幅が広い人みたいです。中でも「悪魔の発明」の内容はさておき、映像の質感がとにかくツボで、実写なんだけどセットが不思議で、背景がカキワリなのか奥行がなくて、家具とかも立体感がなくて、謎の世界観にやられてしまいました。
このイルカの絵は、その不気味で独特な世界観が似ているところが気に入ってしまいました。このイルカの生死は不明だし、後ろの船には誰が乗っているのか、このイルカに何があったのか、やはり悪魔の発明が!?(無理矢理)そんな想像が頭を巡ります。

作者が何を考えてこの絵を描いたかは謎のままだけど、物語を感じさせる絵って魅力的だなって思いました。これを機にカレル・ゼマンの他の映画も見てみようと思います。

b0112607_142577.jpg

[PR]
by pop-cult | 2008-04-23 01:05 | アート・おもちゃ etc.
ビートルズに詳しい友達がDVDを貸してくれて、初めて観ました。ビートルズが主役のアニメーション「イエローサブマリン」。
イラスト化されたビートルズは何度か目にしたことはあったけど、それがここまで前衛的なアニメーションだったとはほんと驚きました。世の中には自分が知らないだけで、昔から素晴らしく斬新な作品がいっぱい存在してるんだな〜って改めて思いました。

メンバーそれぞれ、登場の仕方も個性があって、ビートルズに詳しくない私が見てても面白かったです。どういうわけかフランケンシュタインみたいな人造人間が現れ、試験管で謎の液体を飲むと、ジョンの姿にもどるという、粋な演出があったり。一番よかったのはリンゴで、四人の中ではわりと三枚目キャラというか、おとぼけ担当で可愛かったです。登場シーンも彼だけは凝った演出もなく、独り言を言いながらさりげなく路地をぶらぶらしなから登場するし。とは言ってもすべてのシーンが絵的に素晴らしくて、その路地も写真とイラストの動くコラージュみたいなんです。メンバーが住んでいる家も騙し絵の中みたいだったり、生きた靴下みたいな生き物が登場したり、とにかくすべてがぶっ飛んでます。

あと、ビートルズの歌って私はあまり歌詞を知らないまま聞いていた曲が多かったんです。タイトルからして甘ーい感じの恋愛の曲が多いから(初期だけ?)そんなに歌詞に興味ないって決めつけちゃってたんです。でも今回、このアニメで歌詞をはじめて読んでみて面白さに気がつきました。「ルーシー〜」とか意味が分からないんだけど、言葉の選び方にセンスがあって、抽象的なイメージがふえわふわ頭に浮んでくるような歌詞なんですよね。音にも曲にも、それに言葉にもアートを感じました。このアニメーションを作った人たちも、きっとビートルズの音楽を聞いていたら色んなイメージが頭に浮んできて表現したくてたまらなくなったんじゃないかな?って思いました。

ビートルズってたしか当時はアイドル的に大人気だったから「その人気にあやかってアニメでも作って儲けようとしたのかなー」なんて、最初は悲しい大人の発想をしてたけど、このアニメーションは断然『作品』であり『表現』でした。脳が揺れます!!
b0112607_21261994.jpg

[PR]
by pop-cult | 2008-04-03 21:27 | アニメーション

宇野亜喜良、少々。

宇野亜喜良さんの作品が展示されているって知って、先日はじめて南青山のビリケンギャラリーに行ってきました。南青山人形倶楽部『画家と人形』って展示です。

人形倶楽部って聞いて、ちょっとグロテスクな作品を想像してたけど、意外と手作り感があるかわいらしい雰囲気のものもあり、面白かったです。ビリケンギャラリーって場所も、もっと画廊っぽいのをイメージしてたら、作品の他にレトロなおもちゃがたくさん展示販売されてて、ギャラリーを兼ねた雑貨屋って感じでした。ドアノブがコーラの瓶の形してたし。レトロおもちゃもギリギリ怖くないものだったので楽しめました(あんまり古過ぎるとなんか宿ってそうで怖くて…)

もともと宇野亜喜良さんの作品は、演劇のアングラポスターをみて素敵だなって思っててたので、その印象ばかりでグラフィックの人って認識してました。でもポスターだけじゃなくて、絵本やら舞台美術やら幅広くて、人形とか立体作品も沢山手掛けてるんですね。グリム童話をモチーフに描いた絵とかをみてて思ったのは、宇野さんはもう70歳をこえられてるのに、作品が今の時代に合ってるからすごい。一見可愛らしい女の子とドクロが共存してるあたりは、今の流行りを読んでるように感じました。けど、もちろん宇野さんの世界ってものはしっかりしてるからそこは流石ですよね。関係ないけど本人も、もうおじいちゃんのはずなのにかっこいい。

宇野さんの作品にも刺激を受けて、それにテリー・ギリアムの「ブラザーズ・グリム」も観たから、今度グリム童話をじっくり読んでみたいと思いました。小さい頃読んだけど、覚えているのは「一つ目二つ目三つ目」って話の挿し絵が怖かったことくらいなので…。
b0112607_23142886.jpg

[PR]
by pop-cult | 2007-09-23 23:16 | アート・おもちゃ etc.
はじめまして!

今、私は自分の作品を紹介する為のHPを制作中です。
友人のテキスタイルデザイナー、アーティストのカワタミキちゃんが素敵なHPを作ってくれています。ありがたいことです。

このブログは、そのHPの一部としてブログを書こう!でもただの日記はきっと面白くかけない。9割が映画の話になってしまう…。じゃ、もう、映画ブログにしよう!と思ったのがきっかけです。

もし、見知らぬ映画好きの人がこのブログを読んでくれて、少しでも好きな映画が一緒だったりしたら、作品も見てもらえるのでは?という小さな期待を胸に…
下手な文章で書きます!!!


私は絵を書いたり、なにか作品を作る時に、映画からヒントをもらってることがとても多いです。
作品作りじゃなくても、とにかくよく映画を観ては、そこから何か感じとること、学ぶことが多いです。映画が好きな人はみんなそうだと思います。
なので、このブログは私が見た映画について、どう感じたか、何を学んだか、等々、書いていこうと思っています。そして勝手に分析したり。とは書いてみましたが、ただの感想文になってるかもしれないのでそこは大目にみてください…!
[PR]
by pop-cult | 2007-07-09 14:54 | ♡プラバンアクセサリーetc.♡